このような食品はとても安くて、7大有利な心臓血管の貴重な成分を含みます。-乃々果花

このような食品はとても安くて、7大有利な心臓血管の貴重な成分を含んでいます。健康という食べ物は安いですが、7大有利な心臓血管の貴重な成分を含んでいます。一般的な大豆は大豆、青豆、黒豆を含みます。また、褐色豆と二色大豆、この2種類のがよくありません。大豆、青豆、黒豆であろうと、すべて大豆の共通の特徴と生理的機能があって、その中に心臓血管の健康は大豆とその製品の生理機能の中の重要な方面に利益があります。では、大豆に含まれる独特の成分が、「心血管機能」の名声を達成したのでしょうか。大豆の「五大」要因は、心血管健康「利心」のキーワード:不飽和脂肪酸、大豆レシチン大豆の中で脂肪の含有量が低く、不飽和脂肪酸を中心に、一定量の大豆レシチンを含んでいる。不飽和脂肪酸を減らすことが悪玉コレステロールと総の中性脂肪、不飽和脂肪酸とレシチンを促進することができてコレステロールの正常な輸送と代謝を防ぐために、コレステロールは血管の壁の堆積、高脂血や動脈硬化症の予防に役立つ。「利心」キーワード:植物アルコール(植物コレステロール)大豆とその製品はコレステロールを含んでいない。植物の固体アルコールとコレステロールの構造が似て、競争性の抑制に過ぎてコレステロールの吸収。それでもコレステロールは人体に対して一定の作用が、現代人はしばしばコレステロールの摂り過ぎは不足で、中国栄養学会推薦コレステロールの日摂取量は300mgで、卵を一個のコレステロールに300mg。コレステロールの摂取量が多いのは心臓血管疾患の重要な原因の一つである。“利心”のキーワード:大豆のイソフラボンの大豆のイソフラボンは植物のソースに属して、一定の抗酸化作用を持って、人体の内の自由な基を一掃することに有利で、脂質を酸化したことがあることを防止して、心臓血管の疾病に対して一定の予防作用を持っています。また、大豆イソフラボンが最も「有名」という機能は、植物のエストロゲンとして、人体のエストロゲンの調節に参加して、双方向に調整され、更年期の女性に対して骨粗粗作用を予防する作用があり、男性に対しては、前立腺がんを予防する作用があるということです。「利心」キーワード:食物繊維、大豆オリゴ糖大豆には、豊富な食物繊維が含まれています(大豆食繊維の含有量は)。大豆の中の食物繊維は水の水と水が水に落ちないことを含んで、2種類の食事の繊維はすべて満腹感を高めて、脂肪の吸収を下げて、ダイエットして体重を制御する作用があります。大豆に含まれるダイズ水溶性セルロースに属するため、水溶性食物繊維は特有の機能特性など、血糖上昇速度、吸収を遅らせるの余分なコレステロール、健康にも役立ち心血管。「利心」キーワード:カルシウム大豆のカルシウムの含有量が豊富で、100 gの大豆におけるカルシウムの含有量は19。カルシウム心脳血管の健康に役立ち、カルシウム不足を引き起こすの血圧上昇し、心脳血管の病気は公認。研究によると、毎日カルシウムの摂取量が300 mgを下回った人の人は、高血圧の危険性は、毎日カルシウム量1200 mgを摂取する人の2~3倍になるということです。高血圧患者毎日適当にカルシウム血圧を下げることができます;降圧薬に従って同時にカルシウムは、単独で降圧薬をよく効く。カルシウムは各コーナーで血圧調節に参加しています。細胞内カルシウムは平滑筋収縮の重要な媒体は、血管の収縮と弾力性に影響する、もし血钙濃度が低く、細胞膜に興奮して刺激に敏感になっている。大豆はどのように健康に食べますか。「中国住民食事ガイド」(2016)によると、一人で毎日30グラム程度の大豆や製品を摂取することができる。大豆の30グラム、その製品のいくらに相当しますか?大豆製品は発酵と非発酵の2種類を含んでいます:発酵豆製品:納豆、魚、臭い豆腐、納豆、豆腐の脳、豆腐、豆腐、腐皮、腐皮、豆腐の乾いたものを含んでいます。

这种食物很便宜,却含7大有利心血管的宝贵成分-搜狐健康   这种食物很便宜,却含7大有利心血管的宝贵成分   原创:李园园营养师   这种食物就是被称作田间肉的大豆。常见大豆包括黄豆、青豆、黑豆。另外还有褐色豆与双色大豆,这两种并不常见。不管是黄豆、青豆还是黑豆,都有大豆共同的特点与生理功能,其中有利于心血管健康是大豆及其制品生理功能中的重要方面。那么大豆含有的哪些独特成分成就了其“利于心血管功能”的声誉呢?   (一)大豆“五大”因素利于心血管健康   “利心”关键词:不饱和脂肪酸、大豆卵磷脂   大豆中脂肪含量低,且以不饱和脂肪酸为主;而且含有一定量的大豆卵磷脂。不饱和脂肪酸可以降低坏胆固醇和总的甘油三酯,不饱和脂肪酸和卵磷脂可以促进胆固醇的正常转运和代谢,防止胆固醇在血管壁的沉积,有利于预防高血脂和动脉粥样硬化。   “利心”关键词:植物固醇(植物甾醇)   大豆及其制品不含有胆固醇,相反含有植物固醇。植物固醇与胆固醇的结构类似,可以竞争性地抑制过多胆固醇的吸收。   尽管胆固醇对人体有一定的作用,但是现代人往往是胆固醇摄入过多而不是不足,中国营养学会推荐胆固醇的日摄入量是300mg即可,而一个鸡蛋的胆固醇含量就接近300mg。而胆固醇摄入过多是造成心血管疾病的重要原因之一。   “利心”关键词:大豆异黄酮   大豆异黄酮属于植物多酚类物质,具有一定的抗氧化作用,有利于清除人体内的自由基,防止脂质过氧化,对心血管疾病具有一定的预防作用。   另外大豆异黄酮最为“出名”的功能就是:作为植物雌激素,参与人体雌激素的调节,且是双向调节,对于更年期女性预防骨质疏松作用尤其突出,对于男性有一定预防前列腺癌的作用。   “利心”关键词:膳食纤维、大豆低聚糖   大豆中含有丰富的膳食纤维(大豆膳食纤维含量高达10%-15%)。大豆中的膳食纤维包括水可溶性与水不可溶性,两种膳食纤维均能增强饱腹感,降低脂肪的吸收,有减肥与控制体重的作用。   大豆中含有的大豆低聚糖属于水溶性纤维素,因此具有水溶性膳食纤维的特有功能特性,如延缓血糖升高速度、吸收多余的胆固醇,从而有利于心血管健康。   “利心”关键词:钙   大豆中的钙含量很丰富,每100g大豆中的钙含量高达200mg左右。钙有助于心脑血管健康,缺钙可引起血压升高并导致心脑血管疾病已被公认。   研究发现,每天钙摄取量低于300毫克的人群,发生高血压的危险性是每天摄取钙量1200毫克人群的2~3倍。高血压患者每天适当补钙可以降低血压;服降压药同时补钙,比单用降压药疗效好。钙在各个环节上都参与血压调节。细胞内钙是平滑肌收缩的一种重要介质,影响血管的舒缩和弹性,如果血钙浓度低,会使细胞膜对兴奋刺激变得很敏感。   (二)大豆如何健康吃?   根据《中国居民膳食指南》(2016)建议,每人每天可以摄入30克左右的大豆或其制品。大豆30克,相当于其制品多少呢?如下图:   大豆制品包括发酵与非发酵两类:   发酵豆制品:包括豆豉、腐乳、臭豆腐、豆汁、豆瓣酱   非发酵豆制品:包括豆浆、豆腐脑、豆腐、腐竹、腐皮、豆腐干、素鸡、素火腿、黄豆罐头等。相关的主题文章: